整備する理由を考える

Pocket

居住者の生活においてオートロックが支障をきたすこともありますので、整備する際に様々なシチュエーションを考えなければなりません。例えば高層マンションなどで郵便物や新聞を取りに行こうとする時には、鍵を持たなければオートロックによって締め出されることもあります。さらに自転車をマンションの中へ入れる時に、どうしてもオートロックがかかって一苦労してしまうこともあります。

鍵を忘れてしまうと居住者は中に入れない状況も改善することが必要ですが、管理していく鍵を増やしてしまうとストレスを抱えたり、居住者が面倒と感じてしまう意見を出すことがあります。なかには、ナンバーによって認証できるマンションもありますが、かなりまれですし、管理人や会社だけが知っているというケースがほとんどです。

そして物件を選ぼうとする時も、オートロックは人気のある設備のため賃料が高くなりがちです。オートロックを付けていくと共益費が上がることになります。そのため、オートロックがない物件より数万円単位で賃料を高くしなければならなくなるのです。居住者のニーズも考えていきながら、オーナーとして経営を円滑に進められる金額にしなければなりません。

信頼できる業者

Pocket

オートロックのシステムを導入する際に業者に依頼することになりますが、選ぶコツは色々とあります。まず業者が店舗営業を行っているか知っておくといいでしょう。店舗を一切持たないで営業を行っている業者も増えており、オートロックでトラブルが発生した時に責任の所在がどうしても曖昧になってしまうことがあります。

業者は店舗だけでなくホームページを開設しているかどうかも知っておく必要があり、商品の詳しい説明を掲載していることもあります。ホームページではしっかりと登記されているかをチェックすることが重要で、きちんと業者として運営されているか確認するといいでしょう。経営を円滑に行っていれば、保険も色々と加入しています。賠償責任保険などがあるので、トラブル時の対応や弁償に関して記載していることもあります。そして他にも支払い方法や作業の実績、そして割引などを受けられるクーポンなどを提供していることもあります。実際に連絡を入れる時に電話を使う際には、対応が良心的かどうか確認するようにしましょう。ホームページなどの疑問点を聞きながら、丁寧に対応するか判断することができます。

業者が来た時に考えることは、オートロックを設置する前に制服や身分証明書を見せてもらいましょう。財産や命を守っていくオートロックなので、依頼する際には慎重になりたいところでしょう。作業員が制服を身につけているか、そして業者の身分証明書をつけていれば信用することができます。

豊富に種類がある

Pocket

様々なオートロックに関するシステムが提供されていますが、その種類は豊富にあります。実に100以上あるといわれていますが、大別すると4つほどになります。オートロックとして注目されているのが暗証番号によるもので、これは入り口などに設置しているテンキーを利用して暗証番号を打ち込んでいきます。そして正しく入力できていれば解錠されるタイプとなっています。オートロックを行う上で鍵を持っていく必要はないため、居住者が紛失したり締め出される心配が一切ありません。機械式もあるので、設置する際に配線などを考える必要がありません。

他にもリモコン式が主流になっていますが、これはキーホルダーのようなサイズとなっているリモコンを利用します。遠隔操作でも安心して施錠することができるタイプとなっています。手が離せない時に来客した時でも対応可能なので、多くのマンションで取り入れています。

非接触型のICカードも活用しているマンションが多く、ICチップを組み込んだカードを利用するオートロックのシステムとなっています。スマートフォンでも活用できるマンションが増えていますが、入退出の管理も可能です。入転居者独自の鍵として指紋認証によるオートロックも増えており、照合ポイントを確認しながら認証していきます。セキュリティの高さなどで判断するといいでしょう。

オートロックとは何か

Pocket

オートロックというのはマンションで当たり前のようについていますが、導入する際にセキュリティ面で重視する人は少なくありません。ドアを閉めた時に自動的に鍵を掛けるシステムとなっていますが、不審者や勧誘員などを侵入させるのを防ぐ際に活用することができます。防犯対策にオートロックを活用しているマンションは多いですが、鍵の開け閉めについてはインターホンをメインに使います。他にもセキュリティ面で強化しているマンションだと、暗証番号を利用して認証していきます。最近では非接触ICチップであったり、指紋認証を利用しているケースもあります。オートロック以上に効果を発揮するので、どれを活用するかオーナーとしては検討する必要があります。

設置するオートロックのシステムを考えていくには共用玄関となるエントランスに設置したり、それぞれのドアへ設置することを検討します。共用玄関部では設置する時に来訪者が、あらかじめ設置しているエントランスのインターホンを利用します。そして居住者を呼び出すことによって、安全に来訪者を通す仕組みを作ることができます。外からマンションへ入ろうとする時には、オートロックのシステムとして暗証番号もしくはICカードなどを利用すれば問題ありません。

その一方で居住者が住む物件に設置していく際には、高度なセキュリティを形成できるように考えていきます。入転居する度に鍵を替えるコストも抑えていくことができるため、オーナーとして経営をする際にも活用できます。