整備する理由を考える

Pocket

居住者の生活においてオートロックが支障をきたすこともありますので、整備する際に様々なシチュエーションを考えなければなりません。例えば高層マンションなどで郵便物や新聞を取りに行こうとする時には、鍵を持たなければオートロックによって締め出されることもあります。さらに自転車をマンションの中へ入れる時に、どうしてもオートロックがかかって一苦労してしまうこともあります。

鍵を忘れてしまうと居住者は中に入れない状況も改善することが必要ですが、管理していく鍵を増やしてしまうとストレスを抱えたり、居住者が面倒と感じてしまう意見を出すことがあります。なかには、ナンバーによって認証できるマンションもありますが、かなりまれですし、管理人や会社だけが知っているというケースがほとんどです。

そして物件を選ぼうとする時も、オートロックは人気のある設備のため賃料が高くなりがちです。オートロックを付けていくと共益費が上がることになります。そのため、オートロックがない物件より数万円単位で賃料を高くしなければならなくなるのです。居住者のニーズも考えていきながら、オーナーとして経営を円滑に進められる金額にしなければなりません。